現状のWEBサーバ構成のまとめ

最近また、サービスを作りたい意欲が出てきたこともあり、今後、サーバ環境の見直しを行っていこうと思っている今日この頃です。

ということで、現状のサーバ構成を整理しました。

サーバ機について

サーバ機は、こつこつと買い集めた安価なサーバを用途に応じて、CPUのDual-CoreやQuad-Coreへの換装、メモリの増設、HDの増設等のアップグレードを施して投入しています。

また、消費電力やリソースの効率化を図る為、必要に応じてXen(仮想化技術)上で動かすようにしており、合計で15台前後のサーバで構成されています。

サーバの構成について

構成については、Linux(OS)、Apache(Webサーバ)、MySQL(データベース)、PHP(スクリプト言語)からなる、いわゆる LAMP構成(一部PerlやWindows)にmemcached、spuid、NFS等を利用したキャッシュサーバを加えた構成が基本になっています。

具体的な構成については、以下のようなイメージです。

現状のサーバ構成図

現状のサーバ構成図

今後の課題

この構成は、まだ、冗長性が担保されていないという不備があるので、まずは、(財布と相談しながら)そのへんを見直していきたいと思っています。

カテゴリー: サーバ・インフラのこと   タグ: , , , , , ,   この投稿のパーマリンク

トラックバック

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>