「hp ML115 G5」のHDD(ハードディスク)のWriteCache設定を有効にする。

ML115G5のHDDは、場合によっては、WriteCacheがoffに設定されています。

なんと ML115 は Write Cache が disabled です!

HDD の Write Cache を有効化 – 麦酒堂

標準搭載は SATA Seagate Barracuda 7200.10, Barracuda ES などのOEM品。
SATA 1.5Gb/s・NCQは無効な仕様。7200.10はデフォルトでwrite cacheがonの設定だが、Barracuda ESはデフォルトではwrite cacheがoffに設定されており、onに設定してもwrite throughモードで動作するようだ。

hp鯖-ProLiant-ML115(格安Server)

「WriteCache=enabled」の設定

ということで、WriteCacheがonになるように設定を行います。

まず、設定の確認をします。

# hdparm -i /dev/sda

/dev/sda:

 Model=GB0160CAABV                             , FwRev=    HPG1, SerialNo=6RX5K89A
 Config={ HardSect NotMFM HdSw>15uSec Fixed DTR>10Mbs RotSpdTol>.5% }
 RawCHS=16383/16/63, TrkSize=0, SectSize=0, ECCbytes=4
 BuffType=unknown, BuffSize=8192kB, MaxMultSect=16, MultSect=?16?
 CurCHS=16383/16/63, CurSects=16514064, LBA=yes, LBAsects=268435455
 IORDY=on/off, tPIO={min:120,w/IORDY:120}, tDMA={min:120,rec:120}
 PIO modes:  pio0 pio1 pio2 pio3 pio4
 DMA modes:  mdma0 mdma1 mdma2
 UDMA modes: udma0 udma1 udma2
 AdvancedPM=no WriteCache=disabled
 Drive conforms to: unknown:  ATA/ATAPI-1 ATA/ATAPI-2 ATA/ATAPI-3 ATA/ATAPI-4 ATA/ATAPI-5 ATA/ATAPI-6 ATA/ATAPI-7

 * signifies the current active mode

現在の設定は、無効になっていることが確認できます。(WriteCache=disabled)

有効になるように設定を行います。

# hdparm -W1 /dev/sda

/dev/sda:
 setting drive write-caching to 1 (on)

もう一度確認します。

# hdparm -i /dev/sda

/dev/sda:

 Model=GB0160CAABV                             , FwRev=    HPG1, SerialNo=6RX5K89A
 Config={ HardSect NotMFM HdSw>15uSec Fixed DTR>10Mbs RotSpdTol>.5% }
 RawCHS=16383/16/63, TrkSize=0, SectSize=0, ECCbytes=4
 BuffType=unknown, BuffSize=8192kB, MaxMultSect=16, MultSect=?16?
 CurCHS=16383/16/63, CurSects=16514064, LBA=yes, LBAsects=268435455
 IORDY=on/off, tPIO={min:120,w/IORDY:120}, tDMA={min:120,rec:120}
 PIO modes:  pio0 pio1 pio2 pio3 pio4
 DMA modes:  mdma0 mdma1 mdma2
 UDMA modes: udma0 udma1 udma2
 AdvancedPM=no WriteCache=enabled
 Drive conforms to: unknown:  ATA/ATAPI-1 ATA/ATAPI-2 ATA/ATAPI-3 ATA/ATAPI-4 ATA/ATAPI-5 ATA/ATAPI-6 ATA/ATAPI-7

 * signifies the current active mode

有効(WriteCache=enabled)になっていることが確認できれば完了です。

-i
起動時に 取得した識別情報を表示する。

-W
IDE ドライブの書き込みキャッシュ機能取得・設定する (初期状態は製造メーカー・モデルに依存するので、不確定である)。

Manpage of HDPARM

カテゴリー: サーバ・インフラのこと   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

トラックバック

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>