「PECL::OAuth」のインストール

OAuthは、APIアクセス権を委譲するプロトコルで、TwitterAPIYahoo!API等で採用されています。

PECL::OAuthは、OAuthコンシューマやプロバイダの機能をphpで手軽に実装できるようにする拡張モジュールです。

ということで、サーバにPECL::OAuthをインストールします。

インストール

必要なパッケージをインストールします。

# yum install curl-devel

要件
PECL/oauth は、PHP 5.1 以降と ext/hash、そして HTTPS サポートつきの libcurl を必要とします。

PHP: 要件 – Manual

PECLコマンドでインストールします。

# pecl install oauth-beta
install ok: channel://pecl.php.net/oauth-0.99.9
You should add "extension=oauth.so" to php.ini

iniファイルを作成します。

# vi /etc/php.d/oauth.ini
extension=oauth.so

Apacheを再起動します。

# /etc/init.d/httpd restart

phpinfo()でOAuthが有効になっていることを確認できたら完了です。

OAuth

参考サイト

カテゴリー: サーバ・インフラのこと   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

トラックバック

「PECL::OAuth」のインストール への3件のコメント

  1. ピンバック: 「PECL::OAuth」を使って、PHPで「Twitter API」を操作する。 « FlatLabs Blog

  2. ピンバック: 柴犬botをOAuthに対応Think.(http://www.proto-star.com) | Think.(http://www.proto-star.com)

  3. ピンバック: サーバー管理知識が無くても「さくらVPS」をレンタルサーバーのように使える方法

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>