Macを64Bitモードで動作するように設定する。

え!そうだったの?何気ないところから始めて知りました・・・。

Snow Leopardのインストールで64bitカーネルがデフォルト状態で起動するのは「XServer」のみである。それ以外のMac Pro、iMac、MacBook Proは「Capable」のステータスであり、デフォルトでは32bitカーネルでSnow Leopardが起動する。
64bit完全対応のSnow Leopard、実はデフォルト起動は32bitカーネル!?

とりあえず、64bit対応か確認

まずは、所有するMacBook Pro(13インチCore 2 Duo)が、64Bitに対応しているか確認してみます。

CPUは、ほぼ間違いなく対応しているはずですが、一応下記サイトで確認。
Intel ベースの Mac のプロセッサが 32 ビットか 64 ビットかを識別する方法

続いて、EFIの確認。

$ ioreg -l -p IODeviceTree | grep firmware-abi
    | |   "firmware-abi" = <"EFI64">

EFIが32bitか64bitかの確認は、Terminalで下記のコマンドを入力することで調べられる。
64bit完全対応のSnow Leopard、実はデフォルト起動は32bitカーネル!?

これで、自分のMacは、間違いなく64Bit対応なことが確認できました。

64bitモードで起動するように設定

どうせなら、64Bitモードで動かしたいので設定します。

そのカーネルの動作モードだが、Apple純正のツールは存在しない。ブート時に「6」と「4」キーを押すことでも64bitモードで起動するが、ドネーションウェアの「Startup Mode Selector」をお勧めしたい。
Mac製品群がリニューアル–64bitモードでのカーネル起動を確認する方法

素直に「Startup Mode Selector」というソフトを使って設定することにします。

インストール後、確認してみるとやはり32bitモードで起動しているようです。

32bitで起動

64bitで起動するように設定します。

再起動後、64Bitモードで、起動しているのを確認して設定完了です。

64Bitで起動を確認

カテゴリー: Macのこと   パーマリンク

トラックバック

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>