格安裁断機で、自炊始めました。

今年は、「自炊」が、たいへん流行りましたが、遅れながら私も、溜まった雑誌をPDF化することに取り組んでいます。

やはり裁断機は必須

スキャナは、無いと自炊が成り立たないのであれですが、裁断機は迷うところです。
私も、最初は、カッターでこつこつとやってたのですが、正直やってられません。裁断機買いました。やはりこれは、必須です。

ただ私の場合、巷で定番の、PK-513L ではなく、格安のこちらを購入しました。重いのがちょっとネックですが、コストパフォーマンス的にも大変満足して使ってます。

格安裁断機

格安裁断機

PDF化したデータは、Evernoteに

タイミングよく、Evernoteが容量アップを発表したこともあって、PDF化したデータは、どんどんEvernoteに入れていってます。

プレミアム会員の場合、毎月のご利用可能なアップロード容量が500MBから何と1GBにまで増えます!
皆様へのクリスマスプレゼント – 月のアップロード容量を増やしました。そしてお友達をプレミアムに招待できます « Evernote日本語版ブログ

Evernoteに自炊データを入れる時の注意点

ここで、注意点があります。Evernoteの便利な機能のひとつにOCR認識がありますが、Evernoteは、「100ページを超えるPDFは、OCR処理をしない。」という仕様になってます。なので、100ページを超える書籍は、そのままEvernoteに入れても、検索でヒットしません。

これは、10日に渡るやりとりの末、Evernoteサポートからもらった回答です。

現在、弊社のOCR機能は100ページが上限となっており、100ページを超えるPDFにつきましては
OCRが認識できない仕様となっております。

ということで、Evernoteに入れる前に、Acrobat等でOCR処理することも必須作業のひとつです。

やってみた感想

すっきりするし、一度データ化したら扱い易し、という感じで、自炊は大変有意義な作業です。本格的な電子書籍環境が整うまで、これからもPDF化を進めていきたいと思います。

カテゴリー: アイテム   タグ:   この投稿のパーマリンク

トラックバック

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>