分散Key-Valueストア「kumofs」のインストール(0.4.13版)

kumofsのインストールを行ったのですが、前回書いた、「分散Key-Valueストア「kumofs」の概要とインストール」の時から随分、バージョンアップが行われていたりしていました。(前回は0.3.2。現在は0.4.13。)
基本的には、一緒なのですが、少しだけ勝手が違うとこもあったりしたので、改めて書いておきます。

kumofsのインストール

必要なパッケージをインストールします。

# yum install gcc gcc44 gcc44-c++ openssl-devel zlib-devel bzip2-devel libtool ruby ruby-devel

Tokyo Cabinetをインストールします。

Tokyo Cabinetは、現在、1.4.46が最新のようです。

# wget http://1978th.net/tokyocabinet/tokyocabinet-1.4.46.tar.gz
# tar zxvf tokyocabinet-1.4.46.tar.gz
# cd tokyocabinet-1.4.46
# ./configure
# make
# make install

MessagePack for C++をインストールします。

MessagePack for C++は、現在、0.5.4が最新のようです。

# wget http://downloads.sourceforge.net/project/msgpack/msgpack/cpp/msgpack-0.5.4.tar.gz
# tar zxvf msgpack-0.5.4.tar.gz
# cd msgpack-0.5.4
# CC=gcc44 CXX=g++44 ./configure
# make
# make install

RubyGemsをインストールします。

RubyGemsは、現在、1.5.0が最新のようですが、前回も発生した、例のRubyのバーションのエラーがでるので、今回は、そのままでエラーのでない1.3.5をインストールします。

# wget http://rubyforge.org/frs/download.php/60718/rubygems-1.3.5.tgz
# tar zxvf rubygems-1.3.5.tgz
# cd rubygems-1.3.5
# ruby setup.rb
RubyGems 1.3.5 installed

MessagePack for Rubyをインストールします。

# gem install msgpack

kumofsをインストールします。

いよいよ、kumofsの最新バージョン0.4.13をインストールします。

# wget https://download.github.com/etolabo-kumofs-kumofs-0.4.13-0-gb0f7ce8.tar.gz
# tar zxvf etolabo-kumofs-kumofs-0.4.13-0-gb0f7ce8.tar.gz
# cd etolabo-kumofs-b0f7ce8/
# ./bootstrap

っと、ここでエラーが発生しました。

./preprocess: line 9: ragel: command not found

答えはここに

kumofsのmemcachedプロトコルのパーサは Ragel で生成されています。定義ファイルは src/gate/memproto/memtext.rl。Ragelの入手元:http://bit.ly/bzmvTH
Twitter / FURUHASHI Sadayuki: kumofsのmemcachedプロトコルのパーサは …

Ragelをインストールします。

一旦、kumofsのインストールを中断して、Ragelをインストールします。

#cd ../
# wget http://www.complang.org/ragel/ragel-6.6.tar.gz
# tar zxvf ragel-6.6.tar.gz
# cd ragel-6.6
# CC=gcc44 CXX=g++44 ./configure
# make
# make install

再度、kumofsをインストールします。

# cd etolabo-kumofs-b0f7ce8/
# ./bootstrap
# CC=gcc44 CXX=g++44 ./configure
# make
# make install

kumofsの起動

インストールされたことを確認する為に起動してみます。

# export LD_LIBRARY_PATH=/usr/local/lib
# kumo-manager -v
usage: kumo-manager -l  -p 

  -p     --partner        master-slave replication partner
  -a                        --auto-replace   enable auto replacing
  -Rs             --replace-delay  delay time of auto replacing in sec.
  -k      --keepalive-interval     keepalive interval in seconds
  -Ys    --connect-timeout        connect timeout time in seconds
  -Yn     --connect-retry-limit    connect retry limit
  -Ci     --clock-interval         clock interval in seconds
  -TW     --write-threads          number of threads for asynchronous writing
  -TR     --read-threads           number of threads for asynchronous reading
  -o
    --log                    output logs to the file
  -g
   --binary-log             enable binary log
  -v                --verbose
  -d
    --daemon

  v0.4.13 revision

error: required but not set: -l

環境変数LD_LIBRARY_PATHの登録

環境変数LD_LIBRARY_PATHを毎回指定するのは面倒なので、設定しておきます。

# vi /etc/ld.so.conf

次の行を追加します。

/usr/local/lib

変更をシステムに反映します。

# ldconfig

インストールの完了です。

カテゴリー: サーバ・インフラのこと   タグ:   この投稿のパーマリンク

トラックバック

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>