「hp ML115 G5」のパワーアップ、CPUとメモリとHDDの換装

格安サーバで有名な、「hp ML115 G5」ですが、最近では、さすがにパーツの拡張性という意味で苦しくなってきていたり、そもそも、格安で販売されることも無くなってきていたりで、そろそろ世代交代かなあ。という流れになってきていますが、私の手元には、このML115 G5の為に1年位前に買ってそのままにしていた、CPU(Phenom X4 9350e)とメモリ(UMAX DDR2 800)があります。

せっかくなので、このパーツと新たにSSD(intel X25-M)を購入して、ML115 G5のサーバをもう一台組んでおきたいと思います。

CPUの換装

  1. まずは、その他の道具として、「シリコングリス」、「除光液(グリス拭きとり用)」、「ペラペラのカード(グリス塗り用)」、「マイナスドライバー」を用意します。
    パーツと道具

    パーツと道具

  2. CPUファンを外して(マイナスドライバーでいける。)、CPUも外します。
    CPU取り外し

    CPU取り外し

  3. CPUファンとCPUのグリスを除光液を使ってきれいに拭き取ります。
    除光液でグリス拭き取り

    除光液でグリス拭き取り

  4. 新しいCPU(9350e)の表面にペラペラのカード(ここでは、iTunes Card)で、薄くグリスを塗って、マザーボードにセットします。
    マザーボードにCPUをセット

    マザーボードにCPUをセット

  5. 均等になるように、CPUファンのネジを閉めてCPUの換装は完了です。なお、CPUファンは、9350eのリテールパッケージのものではなく、hpのファンを使うことにします。
    CPU換装

    CPU換装

メモリ、SSDの換装

メモリを差し替えて、HDDもSSDに交換します。SSDに関しては、標準では固定する場所がないので、とりあえず置いとくだけにします。

BIOS確認して、完成

ひととおり、BIOSで認識を確認して、CPUのSecure Virtual Machine Modeを有効にしておきます。

Secure Virtual Machine Modeを有効に

Secure Virtual Machine Modeを有効に

以上で完成です。

カテゴリー: サーバ・インフラのこと   タグ: ,   この投稿のパーマリンク

トラックバック

「hp ML115 G5」のパワーアップ、CPUとメモリとHDDの換装 への2件のコメント

  1. ピンバック: 手軽にディスクレスサーバ!CentOSをUSBにインストール – FlatLabs

  2. ピンバック: 「ML115 G5」のオンボードRAIDで、「RAID5」を構築 – FlatLabs

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>