PHP高速化、「PECL::APC」インストールの追記

さくらのVPSにPECL::APCを導入しようとして、前回はサクっといけたのですが、現状のバージョンでは、re2cpcre-develが必要だったりして、ちょっとはまってしまったので、追記として書いておきます。

PECL::APCのインストール

まずは、必要なパッケージをインストール

まずは、PECLコマンドを使えるようにphp-pearとphp-develをインストール。

yum install php-pear

re2cのインストール

それではインストールという感じで、

pecl install apc

とすると、

checking for re2c... no
configure: WARNING: You will need re2c 0.9.11 or later if you want to regenerate PHP parsers.

と、エラーになるので、re2cをインストール。

# wget http://jaist.dl.sourceforge.net/project/re2c/re2c/0.13.5/re2c-0.13.5.tar.gz
# tar zxvf re2c-0.13.5.tar.gz
# cd re2c-0.13.5
# ./configure
# make
# make install

pcre-develのインストール

再度、

pecl install apc

とすると、今度は、

/tmp/tmpZmQsMs/APC-3.1.6/apc_php_pcre.h:29:18: error: pcre.h: No such file or directory

とエラーになる。このへんとか、さらにこのへんも参考にしながら、pcre-develをインストール

# yum install pcre-devel

今度こそ、インストール成功

もう一回、

pecl install apc

として、今度はインストール成功。

Build process completed successfully
Installing '/var/tmp/pear-build-root/install-APC-3.1.6//usr/lib/php/modules/apc.so'
install ok: channel://pecl.php.net/APC-3.1.6
You should add "extension=apc.so" to php.ini

あとは、前回の「「PECL::APC」をインストールして、PHP高速化」を追って設定すれば、インストール完了です。

カテゴリー: サーバ・インフラのこと   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

トラックバック

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>