「Androidアプリケーションを開発するうえで、最低限知っておきたいこと」のまとめ

Android開発概要」の資料作りの為のメモ。

Androidのアプリケーション開発をするうえで、最低限知っておきたいこと。

アクティビティ

  • アプリ内の1画面。
  • 独立した単位。
  • 複数のアクティビティの連携によってアプリを形成。
  • 異なるアプリケーションのアクティビティ同士でも連携できる。

インテント

  • アクティビティを呼び出す。
  • 相手を指定する「明示的インテント」。
  • インテントフィルタの設定によって選ばれる「暗黙的インテント」。
  • 暗黙的な呼び出しは、URI形式。

アクティビティのライフサイクル

  • フォアグラウンドなアクティビティ :現在のタスクのスタックの最上位。
  • 一時停止のアクティビティ :メモリが極端に不足した場合は、強制終了させられる可能性。
  • 停止のアクティビティ :表示はされていないが、すべての状態とメンバー情報はまだ保持。他でメモリが必要な場合は強制終了させられる可能性が高い。
アクティビティの状態推移図

アクティビティの状態推移図

サービス

  • バックグラウンドで動作。
  • ユーザーインターフェースを持たない。
  • 実行中のサービスに接続(バインド)することもできる。
  • 開始したら、停止するまで実行。
  • 一時停止などがないので、ライフサイクルはシンプル。

ブロードキャストレシーバ

  • ブロードキャストを受信。
  • 受信したいものを設定することで受信。
  • ユーザーインターフェースは持たない。
  • アクティビティ開始、アラート送信などのアクションは起こせる。

コンテンツプロバイダ

  • アプリケーション間で情報を共有。
  • ファイルやSQLiteなどの一般に利用できる方法で格納。

マルチタスク

  • 複数のアプリケーションを起動できる。
  • メモリ状態で自動終了される。

参考ページ

カテゴリー: Android技術   タグ:   この投稿のパーマリンク

トラックバック

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>